STORY トップ
【新卒インタビューVol.5】

最速で最強のプランナーになる!~入社3ヶ月目の今~

新卒インタビュー第5弾!
今回は、去年の12月に内定者アルバイトのリアルなお話を聞かせていただいた嘉数さんに、
入社後3ヶ月目の「今」を聞いてみました!
「シーエー・アドバンスには興味があるけど、入社した後のイメージが持てない・・・」
そういう新卒の方にはぜひ見てほしい記事となっています!

21卒 嘉数 祥哉(沖縄国際大学 卒業)

2020年9月 シーエー・アドバンスに内定者アルバイトとして入社
2021年4月 ABEMAプランナーチームに配属
2021年5月 月初会にてスタートダッシュ賞MVPを受賞

【過去作】内定者アルバイトのリアルを熱く語ってくれたインタビュー




 


難易度の高い「チャレンジ領域」への挑戦

–この3か月、実際にシーエー・アドバンスの社員として働いてみてどうでしたか?

内定者アルバイトの頃と比べて、良い意味でギャップはないです。
シーエー・アドバンスの特質として、僕が就職活動中の頃から本当にありのままの姿を見せてくれていて、 会社説明会で聞いた「働いている人の熱量をダイレクトに感じる事が出来る」という部分を身をもって体験しています。
就職活動中から内定者アルバイトの期間までにシーエー・アドバンスの方に聞く情報と熱量に関してはギャップはなかったです。
個人的にはそこがすごく会社の良いところだなと思います。

–配属先の決め手となったものは何ですか?

僕たちの時は、入社してすぐに自分がどの部署にいきたいかを決めるため、色々な事業部へジョブローテーションをして仕事内容やそれぞれのビジョンなどを教えていただきました。
全ての事業部を一通り回った後に、自分が配属したい部署の第一希望から第三希望までを提出して、そこからその希望に沿って配属先が決定します。

最終的に、悩みに悩んで「ABEMAプランナー」への配属を希望しました。

僕は入社する前から「人に影響を及ぼす仕事がしたい!」「人の価値観を左右する人になりたい!」という強い憧れをもっています。
誰もがデバイスを持っている時代で、SNSや検索エンジンを多用する機会が多く、全員の価値観に触れることができるのがインターネット広告とその周辺事業だと思っていたので、配属希望は広告事業部のどこかだろうなと漠然と考えていました。

そんな僕がABEMAプランナーに配属を決めたきっかけは、ジョブローテーションの中でABEMAにお世話になった際、これからのABEMA全体のチャレンジ領域の話で、「テレビのイノベーションを目指して、新たなマスメディアをつくる」という大きな目標を掲げているのを知りました。
この目標を聞いて「ABEMAの新たなチャレンジ領域に挑戦したい!」と思うようになったのがきっかけです。

そこで、ABEMAのどのチームがいいのかを考えた時に、ABEMAの中でも一番とがっている「プランナー」に興味を惹かれました。

プランナーの仕事は、ABEMAの最前線に立ち、視聴数などの数字に直結するような動きが求められます。
そこの難易度の高さに魅力を感じたのと、上には上がいるといいますか、ずっと自分が越えなきゃいけない人たちが沢山いるような環境でチャレンジし続けたいという思いがあったので、自分にはプランナーチームが適していると感じました。

正直、配属先の希望を提出する際、ギリギリまで悩み、人事に「どっちがいいですかね?」と相談に行ったこともありました(笑)
それくらいどのチームもレベルの高いことをやっていて、切磋琢磨できる人たちが多いです。

苦悩とワクワクの毎日

−ABEMAプランナーに実際に挑戦してみていかがですか?

配属されて苦戦していることだらけです。
その中でも、ABEMAプランナーに必要不可欠な「ビジネススキル」の習得に苦戦しています。

やり取りをしているSlack窓も数十個あったり、人によってはものすごい量のタスクを管理していたりするので、そういう所のコミュニケーションスキルだったり、やり取りのラリーをいかに簡潔にして、相手から欲しい情報を引き出すかのかなどのビジネススキルがすごく求められます。

僕はまだまだそのスキルが足りていないので、基礎中の基礎ですが、まずはそこかスキルアップしていかないといけないなと思っています。

その他にも、数字の分析から施策を出して、実際に動かしてみるというPDCAサイクルの回し方もまだまだ出来ていないので、この二つを一人前にしていきたいと思います。

プランナーのお仕事は、自分より何倍も経験を積んでいて、到底かなわないような生き方をしている先輩たちがことごとく挑戦しては打ちのめされてという現実を間近でみていると、すごい難易度の高いお仕事に挑戦できているのだなと実感します。

今、自分が抱えている案件で言うと、一週間後のコンテンツの設計が少し弱いので、プランナー側の僕たちがそのコンテンツの設計をいかに強くするのか。
強化した後はどうやって実績を伸ばしていくのかという部分を考え、ABEMAを使ってくれているユーザーへのアプローチ方法を考えます。

いつも3,4つ程、施策を考えて持っていくようにしているのですが、なかなかその案が通ることはないので、少しずつそこの精度を上げていきたいです。

−今後のキャリアプランについて教えてください

半期後には「プランナーとしては一人前」になっている状態にすることです。
2021年9月末までに、プランナーとして成立している状態。そこから半年かけて一人前のプランナーになっている状態にするというのを掲げています。

じゃあ「一人前のプランナーってどういう状態?」と考えた時に、締め会でベストプレーヤー賞を受賞、総会でもベストプレーヤー賞を受賞して、今トップのプランナーの先輩を超えることだと思っています。

今後は、この目標達成とABEMAのサービスに対して、数字で貢献しつつも結果としてインパクトを与えられている人材になることを目標としていきたいと考えています。

切磋琢磨し合う、仲間や同期

−チームの雰囲気だったり、上司・先輩社員との関係はどうですか?

チームの雰囲気はすごく良く、先輩後輩関係なく、皆、仲は良いと思います。
ちゃんと親身になってフォローしてくれますし、相談にものってくれます。

僕、入社する前からあまりパソコンを触ったことがなくて、使えるものといったらWordくらいでした。
その事をトレーナーをしてくれていた先輩に伝えると、「え、分からない?」とかじゃなくて、「あ、分からないんだ、じゃあこれはこういう使い方をした方がいいよ」と優しく教えてくれて嬉しかったです。

先輩だけじゃなくて僕の上司も手の届かないような方で、普通の会社員で暮らしていたら5年10年たっても絶対、関われてないだろうなと思います。そういう上や横のつながりの深さもこの会社ならではなのかなと思います。

今はコロナの影響でリモートワーク推奨になっているのですが、コロナがなければもっと先輩や上司の方と打ち解けられていたのかなと感じます。

−仕事やプライベートも含めて、同期との交流はありますか?

あります!
同期で、よくZoom飲みをしたり、出社している時はお互いのデスク間の行き来もしたりします(笑)

21卒だけのSlack窓もあるのですが、週初めの月曜日に「皆で今週も頑張っていきましょう!」みたいな会話をして皆で励まし合っています。
同期の皆が集まったら、最近どう?とか今どういう事やっているの?などの共有会もよくやっています。
同期の一人がいきなり「曲作ったからきいてみて!」といっていきなり送ってきてくれたりとか、プライベートのことから仕事のことまで半々くらいですかね。

仕事での技術面はもちろん、精神的な面でも同期に助けられることが多くて、やっぱり新卒の同じ時期、同じ立場で入ってきたからこそ分かりあえたり、躓き方もある程度似ているので、切り抜け方などを聞いて助けられることが多いです。

そういうコミュニケーションを取りつつ、皆で成長し合ってると思っています。

自分に自信がない人こそ、内定者アルバイトを

−入社前にやっておいた方がよかったと思うことはありますか?

やっておいて良かったなと思う事は「内定者アルバイト」です。

僕も内定者アルバイトをやる前は「あー、もう自分は社会に出るための事をしなければならないのか」という考えだったのですが、今振り返ってみると、正直あの時間がなかったら、この会社に入った今の時点で、折れてしまっていたかもしれないなと思いました。
内定をもらって、4月から働くスタイルだと会社の雰囲気に馴染めなかったり、社会人としての体を慣らすことも出来ないと思うので。

なので、内定者アルバイトをしつつ、会社の雰囲気を知って、知り合いも増やしておいた方が入社した後、すぐに折れたりしないかなと思います。

内定者アルバイトの時に仲良くなった全然違う部署の方たちとも、今でも交流があるので、内定者アルバイトをやっておいて、本当に悪いことはなかったなと思います。

自分みたいに未経験者だけど出来るかな?と思っている人ほど内定者アルバイトはした方がいいと思います。
自分に自信がない人こそ、内定者アルバイトをしてチャレンジしていき自信をつけていくことをオススメします。

−就活生の皆さんに一言お願いします!

この記事を見ている人からすると、シーエー・アドバンスへの志望度が人によって全く違うと思います。
シーエー・アドバンスに絶対入社したい!と思っている人もいれば、話だけでも聞いてみるかと興味本位の方。
僕は正直、後者の「まあ、話だけでも聞いてみるか」という側の人間で、シーエー・アドバンスへの志望度も高いわけでもなく、就職活動も漠然としたイメージしかありませんでした。
ですがインターンの時に、この会社と関わらせてもらって価値観や就活への姿勢が一変しました。

そこから色々とご縁があって、ここまで仕事にチャレンジすることが面白い!と思えるような会社に就職させてもらったので、ここで僕の記事を見てくれたのも何かの縁だと思います!

この記事を見て、少しでも「面白そう!」と思ってくれたら、説明会やインターンに参加してみてください!

22卒のエントリー受付中!

沖縄のインターネット産業の未来を創る仲間を募集しています!

少しでも興味のある方、まずは事前面談で詳しくお話してみませんか?
向上心溢れる若者からのエントリーお待ちしております。

▼【22卒エントリーページ】詳細は画像をクリック↓↓

STORY トップへ戻る