STORY トップ
【受賞インタビュー】#4 ベスト極ライター賞

飲食業界出身者が語る。25歳、人生のターニングポイント。

『人生のターニングポイント』皆さんはどのように考えますか?
人生100歳時代の今、転職とは身近なものになってきました。
中途採用で職を探すにあたり皆さんは何に軸を置いていますか?
今回、2020年広告カンパニー表彰式において『極予測TDライター部門』でMVPを受賞した高嶺に
転職活動〜中途入社するまで、その後の苦労や苦悩・事業部立ち上げへの抜擢、今後のキャリアなどについて赤裸々に語っていただきました。

高嶺 梓

飲食業界のベンチャー企業での経験を経て、2018年シーエー・アドバンスへ中途入社。
現在は健康食品、美容商品などの大手クライアントを担当。

▼極予測TDとは
AIで効果の出せる広告テキストを予測・自動生成する「極予測TD」、導入数100アカウントを突破

転職のきっかけ

−新卒として入社した会社から転職を考えたきっかけはどんなことでしたか?

大学卒業後は飲食事業がメインの東京のベンチャー企業で働いてました。
飲食業界は天候・流行等に左右されやすく、お客様が少ない日が続く事が多々ありました。
行き詰まりを感じていた時に、
「3年後、5年後、10年後のキャリアプラン考えながら行動しなさい」
というアドバイスを頂いたのが転職きっかけです。
当時の私は「20代のうちに多くの経験を積んでいずれ沖縄に戻り地元に貢献したい」と考えていたのですが、
25歳の誕生日を迎えた日、ふっと「このままでは駄目だ。私の思い描いている将来設計は叶えられない。沖縄へ戻って転職をしよう!」と思い立ち、この決断が人生のターニングポイントとなりました。

転職活動をはじめた当初は、今までの経験が活かせそうな飲食業界ばかり見ていました。
しかし、20代で多くの経験を積むステップとして、まずは「将来性のある成長産業に身を置けること」が必要だと考え、成長産業=IT業界とういうイメージで、IT企業に絞りました。
そんな時、たまたまFacebookで流れてきた「株式会社シーエー・アドバンス会社説明会」の広告を見つけ、思い立ったら即エントリー!翌週には参加という速度感でした。
会社概要や事業のお話を聞いた感想として、
・未経験者からでも始められる
・サイバーエージェントの戦略的子会社
・県内に居ながら大手企業を担当する
・若手が活躍できる環境
という点に惹かれ、面接を申し込みました。


−どうしてWEBライターへの就職が決まったのですか?

実は、参加したのは営業の新規事業説明会だったんです!
その際に、採用されると3ヵ月間の東京出張になると説明があり、当時の私は長期出張が厳しかった為、面接を辞退しようと考えていました。その旨を採用の方に伝えると、別日に改めて全ての部署を紹介してくださり、現部署の『WEB広告ライター』に巡り合いました。
沖縄にいながら、大手クライアントの広告の見出しを創ることが出来る。日本中世界中の人が私の書いた広告文を見てくれる!そういった発信力に魅力を感じ、ライターに配属となりました!

入社後の覚悟

−入社当時、WEB広告ライターの職業はいかがでしたか?

PCスキルはタイピングのみだった為、ショートカットのやり方から初めて覚えることが多く、最初は正直ついて行けるか不安でした。
しかし、同世代が活躍する姿を身近で感じて、戸惑ってばかりいられないと奮起しました。
強く実感した瞬間は、一度目の契約更新の日です。
中途採用は契約社員からのスタートです。数字的実績、会社貢献の2つの結果を出さなければ、正社員登用の機会がありません。
現実を突きつけられ、正社員になるために『2年プロジェクト』の施策を立てました。

−『2年プロジェクト』とは?高嶺さん自身が考えた施策ですか?

そうです!簡単に言うと
・1年目は自部署のみならず、他部署の方にも顔を覚えてもらおう
活性化委員に入り、SEM事業部の朝会や社内イベントの企画、あとは部活動でマラソン部に入部したりなど幅広く参加することを意識しました。
・2年目はWEB広告ライターとして実績を残す
実績を出す為に、泥臭く毎日頑張る
これが、意識してやってきたことです。

2年目の挑戦

AIを使った『極予測TDライター』のスタートメンバーとして選ばれました。
選ばれたときは、どうして私が…と驚きましたが、声をかけて頂いたからには頑張ろう!と心に決めました。

−AIを使ったWEB広告ライター初の取り組みですが不安は感じませんでしたか?

全く感じませんでした!
逆に、WEBで配信する前に広告効果が予測できるなんて、とても画期的だと思いました!
確かに初めての取り組みで、今日やっていたことが明日には全く違うやり方だったり、完成しかけていたものが失敗として終わってしまったり、スピードと柔軟性はかなり求められました。しかし、変わることへの恐怖心ではなくスピード感という楽しさがとても居心地がよかったです。まだまだ成長段階ではありますが、AIを使うことで事業効率化に貢献し、大きなやりがいを感じています。

−受賞おめでとうございます!受賞できた理由はなんだと思いますか?

ありがとうございます!
上司やコンサル、営業の方々とミーティングを繰り返し、施策の提案・実行を重ねたのはもちろん
チームメンバーとも声を出し合いながら1つの案件に対し懸命に取り組んでいました。
また、私自身もAIに頼るだけでなくユーザーに刺さる文章の組み立てを理解するために、分析を怠らなかったからではないでしょうか。
周りに支えられながらではありますが、結果としてこのような成績が残せたのではと考えます。

−今後の目標を教えてください

今後は事業での数字的結果を出すのはもちろん、会社を活性化、チームメンバーが結果を出せるよう全力でサポートしていきたいと考えています。

−最後に株式会社シーエー・アドバンスに向いているタイプを教えてください!

若いうちに沢山チャレンジしたい方、何事にも前向きに挑戦し、会社やメンバーに対し愛をもって接することが出来る方ではないでしょうか。
失敗し挫けそうになっても、前を向いて走り出せる人ですかね…
あとは、スピード感が早いので変化を楽しめる方は凄くいいと思います!

未経験だけど、挑戦してみたいその意欲で大丈夫です!
ライター職へご興味のある方のエントリーお待ちしております。

STORY トップへ戻る