▼プロフィール
森田 久美子
2018年 SEM事業部へ入社しディレクター職で活躍。
2020年 沖縄プロダクトコンサルティング局へ異動。

ディレクター職から転身、コンサル職へ異動後わずか半年ほどで「広告カンパニー表彰式」にてベストプレイヤー賞を受賞!
実は”広告”の仕事について知らないままシーエー・アドバンスへ入社を決めた森田。
完全未経験の彼女がどのようにしてベストプレイヤー賞を受賞できたのか、これまでのキャリアについてお聞きしました。
 
 

きっかけは、パソコンを使いこなしたかったから。

 
−シーエー・アドバンスへ中途入社を決めた理由を教えてください

シーエー・アドバンスに入社する前は、旅行会社のカウンターセールスを行っていました。対面でホテルパックの予約や航空券の手配をするなど、現在とは全く違う仕事をしていました。

その当時、カッコいいという理由だけで目的も無くMacBookを購入して(笑)
でもせっかく買ったのにあまり使わなかったんですよね。
その状況が嫌で、パソコンを触れる業界に転職したい!というシンプルな理由で転職先をIT企業に絞りました。
そこで当時すでにシーエー・アドバンスで働いていた友人に紹介してもらい、社内見学を組んでもらって、面白そう!という理由で2週間で入社を決めました。

 

−数ある部署の中で広告事業部を選んだ理由はなんですか?

この会社で何をしたいというのは特に無くて、そもそもこの会社にどんな仕事があるのかすら分からなかったです。ただ、社内見学の段階で人事の方に「森田さんは広告事業部にいこうか!」と言われ、いくつか業務の説明を受け、広告ディレクターという部署に決めました。ただ入社を決めたものの、広告についての知識はほぼゼロでした(笑)

実際入社してみて、広告ディレクターに同期が5名いるんですが、研修トレーナーの説明に周りは理解して頷いていましたが、私は全く理解できなくて。
当時のトレーナーにかなり心配されたかもしれないです(笑)
 
 

壁にぶつかることもあったけど、周りに甘えたくなかった!

 
−広告運用について完全未経験で入社をして、大変じゃなかったですか?

もちろん苦労もありますし、失敗もたくさんしました。広告の出稿ミスで成果はあるはずなのに計測されなかったり、広告の配信先を間違って東京でなく神奈川に配信してしまったり…。
壁にぶつかることは多かったけど、すぐに誰かに助けを求めることをしたくなくて、まずは自分でやってみよう、ということを繰り返して今に繋がっています。
どうしても上手くいかなくて心が折れそうになったときには上司が話を聞いてくれて、悩みを打ち明けたら解決に向けて動いていただきました。困ったときに相談に乗ってくれる上司が傍にいたのは心強かったです。

 

−ディレクター職からの異動はどういったきっかけでしたか?また、コンサル職と聞くと難しそうな印象ですがどのようなものでしょうか?

2年間広告入稿ディレクターとして仕事をさせていただき、大きな案件も持っていたのですが、事業拡大をしていた広告コンサル事業部の募集があったため、新たな挑戦としてコンサルをやってみたいと思い、部署異動願いを出しました。

コンサルのお仕事は、クライアント様のご依頼に対して弊社の広告運用スキルを通して効果を最大化するためのお手伝いをしています。数値分析を基に改良を重ねていくのが必須スキルとなっていきますが、私自身は数値分析は得意ではありません。
シンプルに、自分が提案した施策に対して効果が出た時が嬉しいです。
日々PDCAを回して突破口を見つけた時はワクワクするし、クライアントと一緒に効果を喜べて、一緒に成長していきたいと思える人は広告コンサルに向いていると思います。


 
 

案件に全力で向き合い、そしてチームに支えられた

 
−異動して半年でベストプレイヤー賞を受賞されましたよね!受賞できた要因ってどう捉えてますか?

広告運用歴が2年あったためか、異動してすぐに大きな案件を任されました。
なんでコンサル歴の浅い私がこんな大きな案件を任されるんだ!と思うことが何度もありましたね。
だけどコンサル歴1か月だろうが1年だろうが、お客様にとっては大事なお金を私に任せているわけで。言い訳してはいけないと考え”責任”を持ってやろうと気持ちを切り替えて仕事に臨むようにしました。
それ以降はマイナス思考はすべて捨て、今まで躊躇してた質問も積極的にできるようになったり、臆せず自分の意見を述べられるようになり、知識が増えてくると営業チームともコミュニケーションが円滑になっていきました。営業チームの方から「森田さんが担当で良かった!安心してお任せできます!」と言ってもらえて本当に嬉しかったですね。

結果として半年でベストプレーヤー賞をいただけましたが、決して順風満帆ではありません。間違いもあるし、締め切りに間に合わなかったり、泣いたこともあります。
それでも頑張ってコンサルをやり続けられているのは、この半年間チームのメンバーに教えてもらい支えてもらった時間を無駄にしたくないという「意地」があったからかもしれません。なのでベストプレーヤー賞を受賞できたのは、支えてくれたチームのみんなのお陰だと思っています。

−これからの目標を教えてください。
 
これからは組織力アップとして、新入社員の育成にも力を入れていきたいです。
知れば知るほど楽しい会社・業界なので、新入社員の皆には今よりもチームのメンバーを好きになってもらえるよう、分からないことがあっても質問しやすい環境作りを強化し、難しい案件も楽しんでもらえるようサポートしていきたいと思っています。

また個人としてはもっともっと知識を身につけて「facebook広告といえば森田さん!」と言ってもらえるようになりたいです。そのために媒体の知識や運用知識を増やして自分のスキルアップを図っていきたいと思います。
現状に満足することなく、貪欲に進み続けます!

未経験からでも活躍できる環境があります。まずはディレクター職からもOKです!森田と広告事業に携わりたい方のエントリーをお待ちしております!

↓広告ディレクター職またはコンサル職エントリーについてはこちらから↓

お名前※
ふりがな※
年齢※
性別※
電話番号※
メールアドレス※
選考/説明会について
希望日 ※ご希望の日程を2~3候補ご記入ください
その他 メッセージ

■個人情報の取り扱いについて

ご入力いただいた情報は、弊社の規定に基づき採用に関するご連絡での使用はいたしません。

■申込後、ご記入いただいたメールアドレス宛に受付完了のご連絡をお送りします。

万が一、イベント前日までご連絡がない場合は、正常に送信されていない可能性がございます。
お手数ですが、下記問い合わせ先までご連絡くださいませ。

■問い合わせ先

saiyo@ca-adv.co.jp

080-5500-7924 (担当:野中)