2020/08/17

新卒インタビューVol.2 -Uターン就活の決め手-


 

今年入社した20卒新卒社員に「何を軸に就職活動していたのか」「なぜシーエー・アドバンスを選んだのか」など、入社を決めるまでの経緯についてインタビューしました。
シーエー・アドバンスに少しでも興味を持っていただいた就活生みなさんの参考になれば嬉しく思います。

 

【長嶺直宗(ナガミネ ナオタカ)】

 

▼プロフィール

・中央大学 法学部 国際企業関係法学科 卒業
・学生時代はエイサー団体と大学の国際交流サークルに所属
・大学進学を機に上京。東京中心の就活から、インターンへの参加をきっかけにシーエー・アドバンスへの入社を決意。

 

好きな人たちと本気で頑張れる会社を求めてた就活

−どんな軸で就職活動をしてました?

就職活動は、会社の理念が【人】を大切にしている企業を探して選考を受けていました。
『働いたことないのに業界なんて絞れない!』と思っていたので、少なくとも最後に【やってよかった】と思えるよう、自分の好きな人と一緒に働ける会社を探していました。

【何をするか】より【誰とやるか】を大事にしていたので、選考を受けながら社員の方にも会わせてもらえるようお願いして、どんな人が働いているのか知るようにしていました。
年収や福利厚生などはあまり意識せず、しんどくても楽しんで頑張っている人が沢山いるところに行こうと決めていました。
会社の顔である社長や人事がついていきたいと思えるような魅力的なところに行きたいという気持ちもあったので、そこも見ていました。

 

−もともと沖縄で就職するつもりだったんでしょうか?

沖縄で働くことは考えていませんでした。
せっかく上京したので、卒業してすぐ沖縄に戻ることに抵抗があったのと、東京の方が人も企業も多いのでそれだけ自分に合う企業やチャンスもあるだろうと思っていたからです。

 

東京志向だった就活から一転、沖縄に決めたきっかけ

-東京中心での就活だった長嶺さんが、沖縄のシーエー・アドバンスで選考を受けたきっかけはなんでしたか?

予備校時代の友達に誘われて社員さんと会ったのがきっかけです。
実は当時、サイバーエージェントもシーエー・アドバンスのことも何も知りませんでした。

シーエー・アドバンスのインターンにも誘われたのですが、沖縄に帰るつもりはなかったので最初は断りました。ただ「参加して後悔させない、成長がそこにある」という【頂インターン2020】に誘われ、熱量に負けて参加しました。今思えば、今後の人生に関わる出来事だったので、本当に参加してよかったと思っています。

 

−頂インターン2020の参加はどうでしたか?

しんどかったです!(笑)
お題に対してメンターの社員さんと就活生でチームを組んでそれぞれ提案を競う形式でした。

何もわからない状態から形にして結果を残すという経験が今までなかったので、勉強して提案しては却下されての繰り返しでなかなか思うようにいきませんでした。

チームのメンバーにはとても恵まれて、ハードな日程でも励ましあって最後までやり遂げられました。インターンを通して一緒に頑張る人チームでやっていく重要性を再確認しました。

とても印象的だったのがインターンを運営していたメンターさんはじめ社員の方たちが熱くて、前向きな人ばかりで好きになりました。

▼しんどかった!と笑顔で当時を思い出す長嶺さん。実は優勝チームに輝いていました。

 

【大切なのは人】CA ADVANCE入社の決め手

−沖縄のシーエー・アドバンスに入社を決めた理由は?

当時は『せっかく上京したのにもう沖縄に戻ってきていいのか』という気持ちと、東京の企業で複数内定をもらって悩んでいました。そんな中、ちょうどシーエー・アドバンスの社員総会がありそこに参加させてもらったんです。
総会ではその年で一番頑張った社員を表彰する場があるんですけど、そこで表彰された方が壇上で表彰スピーチの中感極まって泣いてて…。

同じチームの人たちも表彰された方と同じくらい喜んでるのを見て正直びっくりしました。
仕事に対する向き合い方にとても感動したのを覚えています。
『自分も総会で表彰され、壇上に呼ばれて社長と握手したい!』と思い、その気持ち勢いのまま人事の方に「一緒に働かせてください」ってお願いしに行きました(笑)

こうやって振り返ってみると、決め手としては就活の軸にしていた「1番タイプな人が多かったから」というのが大きかったのです。自分もここで働きたい!と思い始めてからは、東京とか沖縄とか、場所なんてどうでもよくなりました。

 

−シーエー・アドバンスの特徴ってなんだと思いますか?

本当に人を大事にしているところだと思います。インターンの時から、参加者ひとり1人にしっかり時間をつかって向き合ってくれたのも印象的でした。毎日のように色々な社員さんとお話する機会を作ってもらって、これからの展望や現状など包み隠さず話してもらえたので安心して決断できましたし、入社してからのイメージとのギャップもないです。

会社の雰囲気は、仕事に対する熱量は圧倒的に高いです。年齢関係なく活躍の機会が得られる企業文化がその理由だと思います。
僕がこの会社に対して感じたように、自分も周囲の人たちに「一緒に働きたい」って思ってもらえるようにこれから頑張りたいです。

 

▼就活の決め手となった「大切な人たち」

 

就活生へ一言

自分に合った会社を見つける作業はとても大変ですが大事なことでもあります。必ずしも全員に運命的な出会いがあるわけではないと思います。出会える企業の数には限界があるので、100パーセント自分に合った会社を見つけるのはなかなか難しいですよね。もちろん妥協するのは良くないです。

しっかり見極めたうえで最後に決め切る覚悟は必要だと感じました。僕のように【人】で会社を選ぶのも1つの決め方かなと思います。

 

−長嶺さん、ありがとうございました!

20卒の新入社員のインタビュー「頂インターン2020」に参加した優勝メンバーが、実際に内定をもらって、入社するまでのお話でした。
少しでもシーエー・アドバンスに興味をもってくれましたら幸いです。

 

▼【22卒〜24卒】大学一年生から参加OK!
オンライン個別説明会を随時開催しています。

ボタン_min

戻る