2020/06/30

新卒インタビューVol.1 – 挑戦と抜擢の光と影 –


 

過去に内定者インタビューを行った金城さんに、入社後から現在までの自身の経験や活躍について振り返って頂きました。

前回のインタビュー記事:2019新卒インタビューVol.2 挑戦は成長を約束する

 

【金城 善貴 きんじょう よしたか】

▼プロフィール

・琉球大学 観光産業科学部 産業経営学科 卒業
・2017年8月  AIメッセンジャー(現AIShift)にて内定者アルバイト開始
・2017年11月   AIメッセンジャー(現AIShift)沖縄営業所立上げに参画
・2018年1月  経営本部ダイレクトリクルートチーム立ち上げに参画
・2018年4月  シーエー・アドバンス新卒入社 SEM事業部配属
・2018年11月  SEM事業部 マネージャー昇格
・2019年2月  第二本部CM局 沖縄グループ立上げ

 

入社〜これまでの軌跡

―前回の内定者インタビューから2年経過しました!
 当時は、チームとしての成果を出して会社の活性化に貢献、社員総会で表彰されたいと話していましたが、振り返ってみてどうですか?

 この2年間大変なことも沢山ありましたが、チームのメンバーと支えあって頑張ってこれたおかげでベストルーキー賞を取ることができました!
 有言実行出来て嬉しいですが、これからの伸びしろも含めての受賞だと思っているのでこのまま気を緩めずに走り続けていきたいと思います。

 

―具体的にはどんなところで苦労しましたか?

 当時は、”自分”がいかに周りに差をつけるか、最速最短で結果を出して目立つかしか考えていなかったので、仲のいい人は僕の気持ちを理解してくれていましたが、周りには良く思われてなかったと思います。

 シーエー・アドバンスでは毎月表彰があり、新人のころは事業部100人くらいの中でランキングTop10に入り、2~3ヶ月目でTOP5をキープするなど、周りの協力を得ながら数字は残せていました。

 自分の実力を過信した状況で、入社した年の11月に15人チームのマネージャーになりました。当時は結果も出していましたし、いくつかのプロジェクトで責任者も経験していたのでそこを評価してもらったんだと思っていました…。

 

 しかし入社半年でマネージャーに抜擢されたことで、自分が認められたと思い独りよがりになってる部分があったんです。同時に複数のプロジェクトの責任者を任されていたこともあって、目先のことで忙殺されていました。

 その時の僕は時間でしか解決できないと思っていたので、寝る時間を惜しんで勉強して、必死に働いていました。それでいて結果としては何も残せていなかったのがすごい悔しくて…。

 人より頑張ってるのに何もできてないっていう状態が続いていて本当にきつかったですね。

 任されている役職上、新卒としての扱いは当然なかったので自分の役割を意識した行動をとるのも大変でした。いつまでも新卒気分ではいられないというか、自分の立ち位置に関して少し苦労しました。

 

”挑戦した敗者にはセカンドチャンスを”

―苦労した経験から学んだことは何ですか?

 当時は自分で何もかもやろうとしていたのですが、業務の難易度が高く仕事のスケールも大きい中ではうまくいきませんでした。
 この会社で10年も働いているような社歴の長い人たちがいるチームで信頼を得たり、協力してもらったりできていなかったかなと思います。

 自分より経験や能力のある人達を率いて仕事をする時には、チーム運営を考えさせられましたね。新卒で未熟な自分に対して、一緒に仕事をしたいと思ってもらうためには何が必要なのか、実経験から学べたことは今の自分の糧になっています。

 

 しばらくして新規事業立ち上げ(現・第二本部CM局)の話が回ってきて、任せてもらえることになりました。チームビルディングをうまくできずにいた僕に対しての新たな機会だったので、”挑戦した敗者にはセカンドチャンスを”の企業文化を身をもって経験しましたね。

 前回の失敗を糧にメンバーとの向き合い方を意識して、全員が同じ目標に向かって頑張れる土台を作っていけたので、一体感のあるチーム(今でいう”ワンチーム”ですね)を築けることができたと思います。この事業部で成果が出せた時は自分の成長を感じましたし、なにより嬉しかったです。

 

”最速・最短で駆け上がる”

―マネージャーへの抜擢やベストルーキー賞受賞など、活躍してる理由は?

 何か特別な出来事があったわけではなくて、”ダメだと思ったら次を試す”作業を地道に続けて行くことが1番の理由だと思います。間違っていたことを変えていくうちにだんだん上手くいくようになってきたので、今のやり方があってると思えるようになったという感じですね。日々のトライ&エラーの積み重ねが今の自分につながっていると思います。

 日頃からやりたいことを口にするのは大事だと思います!
 あとはそれに見合った成果を出せるように全力で取り組むことです。成果を出してない人に当然次のポジションは与えてもらえないので。
 1日でも早く次のステップに行くために、意思表示する・最短距離で成果を出しにいく。当時意識してたのはこの2つですね。

 

 

 もう一つは会社のことを自分の言葉で理解してアウトプットすることです。
 サイバーエージェントの文化が好きだったので、他の人よりも本部のことを詳しく見ていて、何かシーエー・アドバンスに活かせる点はないかと常に考えていました。
 目の前の業務内容だけでなく、会社のことを全社目線でアウトプットできるようになってきたことで少し自信がついてきました。

 

―どんなキャリアステップを描いていますか?

 キャリアアップなどは結果に対して後からついてくるものだと思うので、今は目の前にある目標を達成することに集中しています。
入社して間もない若手が、サイバーエージェントの広告事業本部のマネージャーや統括と仕事をさせてもらえる機会なんて普通ではなかなか無いですが、その点シーエー・アドバンスは打席に立つチャンスが多いと思います。

 若手にもこんな機会が与えられているっていう点はこの会社の魅力の1つですね。現在は自分より圧倒的にレベルの高い人たちと一緒に仕事ができているので本当に恵まれていると感じています。

 東京の本部の方でも徐々に沖縄の第二本部CM局の名前が知られるようになってきましたが、まだまだ浸透しているとは言えません。今後1~2年で東京にある本部の方たちにも沖縄の名前を届けて信頼してもらえるように実績を積んでいきます!

 第二本部CM局の信頼度が上がっていけば沖縄で動かせる案件も増えていくはず。それに合わせて組織の規模が拡大していけば新卒も沢山取れるようになりますよね。

 どんどん会社を大きくしていって、みんながワクワクするような、魅力的な企業を作って盛り上げていきたいです。沖縄から会社を大きくしたい、東京と遜色なく高いミッションに挑み、成長を望む学生が1番来たいと思える会社にすることが20代の目標です。

 

―金城さん、ありがとうございました!

シーエー・アドバンスでは【沖縄のインターネット産業の未来を創る】というビジョン実現の為に【働きがいのある環境の実現と次世代の人材育成】を掲げ新卒採用を行っております。成長したい就活生のエントリーをお待ちしております。

 

▼【22卒〜24卒】大学一年生から参加OK!
オンライン個別説明会を随時開催しています。

ボタン_min

戻る